ホーム > 購入先の選び方
購入先の選び方

①ハウスメーカー・マンションのオプション

メリット

建築からの流れでお客様のお好みなどを知ってる。
いちいち採寸などに立会わなくて良い。
最近はマンションのオプションでもお客様ごとに専属コーディネーターを付けてくれる所があります。
▶本音トーク
面倒な方にはとても良いシステムです。

 

デメリット

下請け会社が入る為、値段はどうしても高くなる
カーテン知識を持ってるコーディネーターは少ない。
▶本音トーク
中には居ますカリスマコーディネーターが!でも殆どがオプション部門の営業員って感じです。
(ハウスメーカー)
販売会で接客する方はバイトといったケースは少なくないのです。
(マンションオプション販売)

②量販店・ホームセンターなど

メリット

セール期間・会員価格などで安い時がある
▶本音トーク
肝心の採寸が有料・外注業者など採寸は任せちゃった方が間違い無し

 

デメリット

採寸はお客様というケースが多く採寸ミスはお客様の責任
販売員はどうしたって知識不足
▶本音トーク
採寸は下請会社の専門の方が来てくれると思いきや実際はそうでもなかったり・・・・

③大型家具店・百貨店

メリット

家具を選んだついでにカーテンを選べる
大きな売り場面積
あの家具店・百貨店で買ったんだというステイタスを味わえる
▶本音トーク
とりあえず新築時家具屋さんには足を運びますよね・・・
それがなんとも羨ましい限り

 

デメリット

売り場担当者は採寸には来ません。下請会社が入る為に色々な規制がある
例えばブラインド1台でも取付代20,000円といったケース有り、追加注文がし難い
▶本音トーク
下請業者の方が良い方が来てくれればいいですが数多くの業者さんが居ますから・・・・

④カーテンカー(展示車)による訪問販売

メリット

わざわざショップまで足を運ばなくて良い

 

デメリット

どうしても数多く見る事は出来ません。
時々TVで紹介されると凄いシステムだと思われがちですがどうしても売る側主導の商品しか見れない。
このシステムが良いならショールームなんて必要なくなりますが・・・・

⑤インターネットショッピング

メリット

見積を気軽に出して貰える
ネットは価格勝負、多少安い
わざわざ店に足を運ばなくて良い

 

デメリット

どうでしょう衰退してるシステムにも思えますが・・・・
特にレールからの取付を御検討されてる場合はとてもメリットが感じられません