ホーム > C型レール-6%プロジェクト
C型レール-6%プロジェクト

なぜ無くならないC型レール


C型レール等の安価なレールが無くならない訳

分譲マンションだと殆どがカーテンBOXと称されるカーテンレールが直接見えない様な仕様になってます
その見えないのをいいことに安価なレールが付いてます。戸建では使用されないレールが何故いまだに取付けられてるのかを検証してみます・・・意外と根深いのです。

ゼネコンさんの立場から

販売会社から予算が決められてるので抑えられるコストは落とす。
1箇所あたりのコスト差は小さいのですが世帯数が多くなればその金額も大きくなります。
カーテンBOXだからレールは直接見えないカーテンはどうせオプション、レールの動きが悪くたって知ったこっちゃねぇ~って感じでしょうか?

レールメーカーさんの立場から

①やはり予算が決められてる
②ある程度の安定した売上が期待出来る・・・余計な提案をして他メーカーに持って行かれたくない
③C型レールは粗利益がいいらしい

レール取付業者さんの立場から

分譲マンションのカーテンレールは雑金物工事に分類され、クローゼットのパイプとか階段のノンスリップとかと同じ扱いなのでレールの滑りの悪さ何て一切関係無し

我々カーテン販売店

①最初から予算をなるべく抑えたいと言うお客様にお勧めし難い
②それ程利益の無いレールを勧めたは良いがエレベーターに入らない長いレールをわざわざ搬入するのはとても面倒
③「あの店は余計な物を勧められる」と言う様な違ったとらえ方されてしまう恐怖